決して気軽な気持ちで購入するものでは無いお墓ですが、まずはどの程度の予算内でお墓を決めるかを検討してください。
そして一人で決めることのないように、家族やお墓の管理者などと相談をしながら決めていきましょう。 事情があって一周忌までにお墓を建てることが出来ないこともあるでしょう。
お墓を建てるまでの期間、菩提寺で遺骨を預けておくことが出来るのは、せいぜい三回忌までとなるのでご注意ください。日本では開眼法要を営む傾向にありますので、お墓を建てる時期で最も多くなっているのが法事の時です。
ただし大都市ではお墓に必要な多額の費用や墓地の不足が原因となり「一周忌」までにお墓を建てる人は減少しています。お墓を建てる時期に決められた日というものは特にありません。
しかし新仏のあるお宅では墓地がある場合には、一周忌に建てることが多くなっているようです。



一周忌に建てることが多いブログ:181112

22時遅い食事は体脂肪になりやすいですが、
食事のバランスと量に気をつければ
極端に太ることはありません。

食べる時間だけでなく、
他にも太る原因が隠されているはずなので、
夜更けの食事パターンを見直してみましょう。

夕方食後は活動量が少ないので、
味噌ラーメンや丼ものなどの炭水化物に偏った食事や、
油っこいもの、甘いものはどうしても体脂肪に直結してしまいます。

遅くなってしまう場合は食べ過ぎに注意し、
食べ方を工夫することが大切ですよ!

22時遅く食べる場合は、
単品メニューよりも、
主菜、副菜、汁物、ご飯が揃った定食を選びましょう。
複数食べ合わせることでバランスが良くなり、
消化がスムーズに進みます。

また、
サラダ、おひたしなど野菜のおかずから先に食べましょう。
野菜に含まれる食物繊維が、糖分や脂肪分の吸収を抑えます。

汁物は身体を温め、お腹に満足感を与えてくれるので、
食べすぎを防止することができます。
豚汁、けんちん汁、ミネストローネなど、
野菜がたっぷり入った汁物がオススメです。

食事の後は
ショートケーキやアイスクリームなど甘いものがほしくなりますが、
寝る前の果物は太るもと。

寝る前に食べるより、
食事の時間があいてしまう
13時食と夕方食の間に食べましょう。

22時遅い食事は胃に負担をかけます。
6時起きたときに食欲がない、胃がもたれると感じたら
水分補給やフルーツなどにし、
無理に6時食を食べることはありませんよ。

仕事などでどうしても
夕方食が遅くなってしまうことってありますよね。
遅くなるときは間食として
おにぎりやヨーグルトを食べるのもおすすめです。

このページの先頭へ戻る