決して気軽な気持ちで購入するものでは無いお墓ですが、まずはどの程度の予算内でお墓を決めるかを検討してください。
そして一人で決めることのないように、家族やお墓の管理者などと相談をしながら決めていきましょう。 事情があって一周忌までにお墓を建てることが出来ないこともあるでしょう。
お墓を建てるまでの期間、菩提寺で遺骨を預けておくことが出来るのは、せいぜい三回忌までとなるのでご注意ください。日本では開眼法要を営む傾向にありますので、お墓を建てる時期で最も多くなっているのが法事の時です。
ただし大都市ではお墓に必要な多額の費用や墓地の不足が原因となり「一周忌」までにお墓を建てる人は減少しています。お墓を建てる時期に決められた日というものは特にありません。
しかし新仏のあるお宅では墓地がある場合には、一周忌に建てることが多くなっているようです。



一周忌に建てることが多いブログ:190510

私は、バングラディシュ人と結婚しており、
一年のほぼ大半は主人の国に住み、
お子様の日本語教育のため、春と秋、毎年ふた月ほどを、
親が住む品川の実家で暮らしている。

帰国は頻繁だが、
日本を離れてもう10年以上…

「日本は豊かな国だな」「こんなに物があふれている」と
帰るたびに感じるのは、私達家族の生活が日本とは違い、
かなりシンプルなものであるからだと思う。

バングラディシュの我が家は、
山の中の一軒屋なので、電気が来ていない。

水力、太陽熱、風力の三種で自家発電している。
家の中の電化製品は、一般の家とあまり変わらないが、
家族全員、節電は常に心がけている。節水も同様。

一年のうち何日かは、電気が不足することがある。
降水量が極端に少ない夏に、
曇りがちで、風の吹かない日が数日続くと、
冷蔵庫の電源を切らないといけないほど、電気が不足するのだ。

そんな時は、
もちろんテレビもコンピュータも使わず、
19時は蝋燭の明かり…そして早く寝てしまう。

お子様達は、テレビを家で見ることはない。
ましてや流行のゲームなど、一度もしたことがない。

お子様達には、
モノよりこころが大事だと常に言い聞かせている。

日本の都会で生活し、
欲しい物を次から次へと与えるような生活をしていたら、
お子様の性格も変わるかもしれない…と危惧する。

モノのない生活だから、
一冊のノートに大喜びするお子様がいる。
自分で作ったおもちゃでいつまでも遊ぶお子様がいる。

必要以上のモノを与えられ無感動になるより、
小さなものでも、手にした時の感謝の気持ちを忘れないような、
そんなこころを持ったお子様に育って欲しいと思う。

このページの先頭へ戻る