決して気軽な気持ちで購入するものでは無いお墓ですが、まずはどの程度の予算内でお墓を決めるかを検討してください。
そして一人で決めることのないように、家族やお墓の管理者などと相談をしながら決めていきましょう。 事情があって一周忌までにお墓を建てることが出来ないこともあるでしょう。
お墓を建てるまでの期間、菩提寺で遺骨を預けておくことが出来るのは、せいぜい三回忌までとなるのでご注意ください。日本では開眼法要を営む傾向にありますので、お墓を建てる時期で最も多くなっているのが法事の時です。
ただし大都市ではお墓に必要な多額の費用や墓地の不足が原因となり「一周忌」までにお墓を建てる人は減少しています。お墓を建てる時期に決められた日というものは特にありません。
しかし新仏のあるお宅では墓地がある場合には、一周忌に建てることが多くなっているようです。



一周忌に建てることが多いブログ:190227

シェイプアップには、
インナーマッスルを鍛えるのが効果的と言われますが…

インナーマッスルの「インナー」とは、
「内部の」「奥の」という意味があります。

人間の筋肉は身体の中心に近い部分・骨に近い部分から、
何層にも重なって身体を覆っています。

この中で、
比較的深い部分にある筋肉がインナーマッスルと呼ばれ、
どこか一つの筋肉を指している言葉ではなく、
身体の奥のほうにある筋肉の総称です。

インナーマッスルを鍛えることで
関節痛などの身体の痛みを解消する働きや、
バランスのとれた姿勢のよい美しい身体のラインを
作ることができます。

インナーマッスルは、
主に姿勢を細かく調節したり、
関節の位置を正常に保ったりするという働きをしています。

身体の各箇所には関節が存在していますが、
その間をしっかりつなぎとめて固定します。

インナーマッスルは
別名「姿勢保持筋」と呼ばれるほど
「姿勢」と関係が深い筋肉です。
あるべき正しい位置に関節を固定し、
本来の姿勢を維持します。

「急に激しいトレーニングをして筋肉痛になった」
「日常的にトレーニングをせず、四十肩だ」
そういう場面でも、インナーマッスルが発達していると
その痛みを和らげてくれる効果があります。

インナーマッスルを鍛えるトレーニングには、
「ピラティス」や「ヨガ」などがあります。

「ピラティス」は、
アウターマッスルを鍛えるのではなく、
身体の内側、深層部にある、
細く、長く、小さい筋肉に焦点を当てたトレーニング法です。

インナーマッスルを鍛えると
身体にいいことがたくさんあります。

自分にあった方法で
インナーマッスルを鍛えて
健康的なシェイプアップを成功させましょう。

・・・と、こんな事書いてみる

このページの先頭へ戻る