貴方にとって最高のお墓というのは、やはりアクセス性が良く、環境が整っている場所なのではないでしょうか?
そしてお墓によっては石材店の指定など条件がありますので、慎重に探すようにしてください。 多くの地方自治体では無縁化を防ぐために、裁判所の判断でお墓を建てるケースがあります。
このような社会的変化に対応して、有期限墓地や承継者がいなかったとしても墓地が継続する限り存続する永代供養墓もあります。最近では家族形態が多様化してきたこともあり、その問題点としてお墓の継承があります。
子供を授かっていないことから、承継者がいないというケースも出てきているのです。お墓の使用権者が亡くなった時、お墓を引き継ぐ必要があるのですが、これを「承継」と言います。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」という性格であり、本人が指定するか「慣習により」定め家庭裁判所が決することとなります。



お墓は民法に規定されている「祭祀財産」ブログ:190308

お子さんがどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
体質内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

お子さんは脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
ご飯において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
お子さんのおやつにお菓子を与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

お菓子を食べるお子さんほど
近視になっていることが多いが、
これはお菓子のために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

お子さんが喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
体質内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手のお子さんは元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
体質内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

お子さんの目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
体質にストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

お子さんに飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
お子さんの腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になるお子さんの多くは、
母があれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。

このページの先頭へ戻る