貴方の自宅の近くにお墓があるかと思いますが、本当にそのお墓で後悔することはないでしょうか?
どんなに立地条件が良かったとしても、お墓参りのための環境が整っていなければお墓選びで失敗をしてしまうのです。 各お墓によって永代使用料は異なりますし、同様の敷地内でも区画と面積でも異なります。
地方にあるお墓や公営お墓などは安いところが多くなっていますが、石材費や墓石工事費が高くついてしまうことがあります。例えば改葬をするという理由で永代使用料の返還を求めたとしても、戻ってくることはまずありません。
しかし永代使用料は、固定資産税や相続税の対象にならず、継承者がいる限り、権利は永遠に有効となります。一般的には「お墓を買う」という表現がされていますが、正式には「お墓を末代まで使用する権利を取得する」となります。
ですので不動産のように土地の所有者にはなりませんので、自由に売買などをすることは出来ません。

交通事故治療 千葉
http://chiryouin.biz/branch/page/2/



土地を購入するワケではないお墓ブログ:180910

子供を育てている時、
あたくしはしょちゅう、
揺れ動いていたような気がします。

「子供のごはんを作る」という場面でも…

子供が喜ぶ顔を見たくて、
子供の好物をメニューに加えたり

少しでも健康で元気に連日を過ごしてほしくて、
栄養のバランスを考えたり…

食べる事の後に、
ビタミンが摂れるようにとくだものを用意したり…

それらを、
とってもワクワクしながら出来る日もあれば、

連日の事となってしまって、
ただ、なんとなく仕方がないからやってるってこともあったり…

手作りのものを作ってやらないと
悪いお母さんになった気がして、作ったり…

コンビニでお弁当を買ってくることに、
とっても罪悪感を感じてしまうから
仕方がないから作ろうと思って頑張ってみたり…

そんな事って、たくさんあったんですよね。

どれもこれも、人間ですから、
持ってしまう感覚だったり感情だったりします。

良いとか悪いとかでは無くて、
そんな事もあってOKなんでしょうけど
「与える」って状態で居たほうが、
子供もあたくしもとっても「楽」なんですよね。

例えば…
「今日のごはんは、イマイチ…」とか言われても、

「与える」って感じの状態だったら、
「そう?味加減?どうしたら良いと思う?」と聞いてみたり
1日後は、こんな風にしてみようかな〜と工夫が生まれます。

でも、仕方なく
「作らねばならない!」と思いながら作った料理で
「イマイチ…」って言われると
「なに〜!こっちも頑張って作ったのに!!」と
怒りを感じてしまう…なんて事もありました。

日常のこんなほんの些細な事でも、
あたくしはそうでしたから
仕事や社会との関わりとか、色んな場面で
この揺れる感覚は、本当にたくさんありました。


このページの先頭へ戻る