ここでは一周忌に建てることの多いお墓についてご案内しています。
一周忌に建てることが多い

一周忌に建てることが多い


一周忌に建てることが多い
決して気軽な気持ちで購入するものでは無いお墓ですが、まずはどの程度の予算内でお墓を決めるかを検討してください。
そして一人で決めることのないように、家族やお墓の管理者などと相談をしながら決めていきましょう。 事情があって一周忌までにお墓を建てることが出来ないこともあるでしょう。
お墓を建てるまでの期間、菩提寺で遺骨を預けておくことが出来るのは、せいぜい三回忌までとなるのでご注意ください。日本では開眼法要を営む傾向にありますので、お墓を建てる時期で最も多くなっているのが法事の時です。
ただし大都市ではお墓に必要な多額の費用や墓地の不足が原因となり「一周忌」までにお墓を建てる人は減少しています。お墓を建てる時期に決められた日というものは特にありません。
しかし新仏のあるお宅では墓地がある場合には、一周忌に建てることが多くなっているようです。




一周忌に建てることが多いブログ:190608

父母はずっと昔からあたしの春を、
長すぎる春を待ちわびて…
そして諦めかけていたようです。

年明けに母親と電話でこんな話をしました。

「父、会社辞めるって…」

「なんで?まだ定年来てないやん。
あたし、あと二年あると思て貯金してないで~。
何もお祝いできへんやんか!」

「夜勤しんどいし、歳も歳やし、父疲れたって…」

「ちょっと、この前、彼女できた言うたやんかぁ。
未来あるにあたし、そんな暗い話嫌やわぁ。嬉しい事作ったるわ!」

「えっ?そんな(結婚)話、出てるの?」

「いや。まだ何にも…」

父が定年前に会社を辞める事を聞き、
なぜか「このままじゃいかん」と思いたち、
彼女に即電話をしました。

父の退職が、
あたしの流れを作ってくれたようです。

すぐに日が決まり、
父と彼女とあたしで
ごはんを食べに行く事に決まりました。

結婚は時期が来ればいつかはするなぁ…と思っていましたが、
父の退職話に乗じてトントンと進んでおります。

あたしは父が大好きです。
小さい頃は、よく怒られよく叩かれたし、
余り喋らないから何を考えているか分からなかったけど…

自転車の後ろにあたしを乗せて、
よくパチンコ屋につれて行ってくれて、
横の台に座って拾い玉で遊ばしてくれたし…

大学時代は、
一緒にお酒を飲みに、
近所のスナックにもよく連れて行ってくれたり…

きっと、父もあたしが大好きなんでしょう。
でも、父は女の子の人生設計を
幼い頃から勝手に描いていたようです。
そして女の子はことごとく、その道から反れて裏切って…

しかし、
父母不孝な女の子の大逆転のチャンスがやってきました。
しかも、そのチャンスは退職することで
父が作ってくれたようなものです。

一周忌に建てることが多い

一周忌に建てることが多い

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報