ここでは権利が剥奪されてしまうケースについてご案内しています。
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある



権利が剥奪されてしまうケースもあるブログ:160929


(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!

減量している人にとって、
ホワイトデーというのは、結構つらい試練ですよね。

やっぱり、
もらったおやつを一気に食べてしまう事は、
避けた方がいいと思います。

でも
分散させて日々ちょっとずつ…というのも、
実は結構怖いことがあるようです。

と言うのは、
日々少しずつ食べるというのは非常にいいのですが、
手元におやつがあると、
つい10時起きたりしたときに、
ちょっとつまんで口に入れたりして、
まさに少しずつ食べたりします。

さらに会社や学校から帰って来たときに、パクッと…

これはたまたま貰いものが手元にあるから、
「1回くらい」と思って誰でもやってしまうことで、
こういう食べ方自体は
減量にさほど影響することではないと思います。

問題なのは、
その後で「1回くらい」から始まって、
そのおやつが無くなるまで、何度も続けていると、
それが「習慣」になってくるという事です。

脳が「快感」を覚え込んでしまって、
10時起きた時や会社や学校から帰って来た時をきっかけとして
脳が快感を求め「食べろ」と命令してしまうんですね。

こうなると、もらったおやつが無くなった後でも
その快感を求め今度は自分で買って食べてしまいます。

さらに量も増え始め、やがてやめられなくなり…という
「悪い習慣」が身についてしまいます。

だから「1回くらい」は悪いことではありませんが、
きっぱりと
「このおやつが無くなったらやめる!」と心に誓ってから
食べるようにしましょう。

できればたくさんもらったモテモテのあなたなら、
姉やママに分けてあげて、
自分は一口づつ食べると言った具合にした方がベターだと思います。

応援クリックしてね・・・プチ
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報