ここでは権利が剥奪されてしまうケースについてご案内しています。
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある



権利が剥奪されてしまうケースもあるブログ:170312


何年か前、我が家では…

ボクが
「それでね、………でね、そしたら~~~」
とひたすら話す。

夫は、面倒くさそうに、
「うん、うん、でさ、結論は何?!結論から言ってくれる?」

ボクはむっとして
「え??ちょっと聞いてほしかっただけ、
聞きたくないのなら、もういいよ!」

…といったやりとりが頻繁にありました。

ボクは心の中で
「もう2度と夫には話さない!」
と決意します。

決して、仲が悪かった訳ではないんですよ。
当時もボクたちは
「仲が良い…少なくとも仲悪くはない夫婦」と
お互いに思っていました。

なので、
もう2度と夫には話すもんか!と決意しておきながら、
何かあると、やっぱり聞いてもらいたくなり、
懲りもせずに話して…
またけんか、と同じことを繰り返していたわけです。

もうひとつ、よくあったパターンが…

夫が車を運転中
のろのろしている車や、少々危険な歩行者に対して、独り言のように…
「早くしろよ~!」「まったく、あぶないなあ~!」
と怒る夫。

それをしばらく助手席で聞いていると、
なぜか無性にイライラしてくるボク。
「そんなに怒らないでよ!相手にも相手の事情があるのよ!」
と夫に怒る。

感情って、共鳴するんですよね。

しかし、気がつけば、
最近はコミュニケーションの仕方が
ずいぶん変わりました。

車の中での会話でも、
夫はたぶん同じくらい怒っているのではと思うのですが、
ボクがそれにほとんど腹が立たなくなったのです。

例えば、
危なっかしい歩行者がいたとして、
それに夫がイライラするとします。

ボクはボクで「ほんと、あぶないね~」と自然に共感できたり、
怒っている夫を見て、笑えたり…

聞いてほしい時の会話でも、
夫は以前に比べてよく話を聞いてくれるようになりました。

権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報