ここでは権利が剥奪されてしまうケースについてご案内しています。
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある



権利が剥奪されてしまうケースもあるブログ:170415


あたくしは、1週間くらい前風邪をひきまして、
大変しんどい数日を過ごしていました。

体力に自信があるあたくしは、ちょっとの苦痛を大げさに
「もう死んでしまう~」
と、ビビってしまう小心者ですが…

そんなあたくしが自分の不調を知る予兆は、
寒い訳でもなく
「勝手に肉体が震え出す」ことなんです。

そうなって初めて、
「あら、あたくし、疲れている」
と認識するのです。

で、先週は久しぶりに、勝手に肉体が震えだしたので、
「おぉ~久しぶり~この震え」と、
ビビリつつも感動していました。

20代の前半から中頃にかけてのあたくしは、
飲んで歌って…と遊んでは、午前3時4時に帰り、
朝7時からコンビ二のバイトに行き、
14時12時からは別の仕事、
真夜中は家庭教師や塾講師のバイトに行くようなことがありました。

たまに、
そんな日が3日連続となると、肉体が震えていました。
震えた日は、早く帰ってじゅうぶん寝たら、
翌日には回復していましたが…

あたくしの肉体って、よくあたくしにお知らせしてくれます。

生理前には、鼻の中にニキビが出来ます。
これがかなり痛いのです。

鼻の中に異物感を感じ、鼻をほじらねばとすると、
その吹き出物に指があたり、何とも言えない痛みに涙が出ます。

で、数粒の涙を流した後に、
「お、生理前かぁ…」
と、その痛みに無理やり納得をします。

しかしなんで、鼻の中なのか…
と思うのですが、

普通に出来る部分(おでことかほっぺとか)では、
あたくしが、生理前と気付くことなく、
ニキビ処理をするだけで、生理が来たら慌てるのだろうと、
肉体はあたくしに気を使って、
特異な箇所に出来るようにしているのかなぁ~と
思ったりします。

権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報