ここでは権利が剥奪されてしまうケースについてご案内しています。
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある



権利が剥奪されてしまうケースもあるブログ:170502


おはようさんですー

「給食はおいしくなかった」
と、年齢以上の方(私を含めて)は言いますが、
今の娘たちは、みなおいしいと言います。

味も質も向上した給食でありながら、
残菜の量が昔とは比較できないほど多いのは
なぜなのでしょう?

娘たちが少食になったわけでもないのに、
献立によっては、食後とは思えないほど、
ほぼそっくり残ってしまうそうですよ。

アレルギー体質の娘たちが増えているので、
多少の残菜は仕方ないとも言えますが、
食べ残しのほとんどの理由は偏食なんですって!

「野菜が嫌い、魚が嫌い。お肉は太るから食べない」
という娘たちは、
いったい何を食べているのか不思議に思います。

一方で、
偏食もなく何でも残さずに食べる娘たちもいます。
この差は、何だと思いますか?

ミルクを飲んでいた赤ちゃんが離乳し、
普通食に慣れさせながら育てていくというのは、
どの娘も同じですが…

離乳期に
「ただ食べさせているだけ」なのか、
「味わう事も考えているのか」で、
その後の嗜好に大きな差ができてしまうみたいです。

この過程で、
同じような味ばかりの食べる事を食べさせると
徐々に他の味の食べる事を受け付けなくなってしまうんですよね。

実際、
離乳期からほとんど味付けされていないものを与え続けたために、
小学生になってもしっかり味が付いたものが食べられないという
娘を見たことがあります。

普通娘が大好きなカレーライスも食べられないんですよ!
育児書に薄味で…と書いてあったことを
ママが神経質に守ったことが原因だったようです。

おしまい!!!
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報