ここではお墓は民法に規定されている「祭祀財産」についてご案内しています。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」


お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
貴方にとって最高のお墓というのは、やはりアクセス性が良く、環境が整っている場所なのではないでしょうか?
そしてお墓によっては石材店の指定など条件がありますので、慎重に探すようにしてください。 多くの地方自治体では無縁化を防ぐために、裁判所の判断でお墓を建てるケースがあります。
このような社会的変化に対応して、有期限墓地や承継者がいなかったとしても墓地が継続する限り存続する永代供養墓もあります。最近では家族形態が多様化してきたこともあり、その問題点としてお墓の継承があります。
子供を授かっていないことから、承継者がいないというケースも出てきているのです。お墓の使用権者が亡くなった時、お墓を引き継ぐ必要があるのですが、これを「承継」と言います。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」という性格であり、本人が指定するか「慣習により」定め家庭裁判所が決することとなります。




お墓は民法に規定されている「祭祀財産」ブログ:190215

わたしの知っている祖母は、
痴呆症で、物忘れだけではなく、徘徊もした。
まるで赤ん坊のようだった。

介護に興味のあるわたしにとって、
祖母のお世話をするのは経験となった。
一緒にお金を数えてみたり、お手玉を作ったりした。

何も反応のない連日ではあったが、
手を差し出すと祖母は、ぎゅっとわたしの手を握り返してくれた。
その手からはぬくもりも感じられた。

「おばあちゃんには、うちの息子たちがお世話になったのよ」
葬式に来てくれた親子連れたちが、クチを揃えてそう言った。

ふと気づくと、葬式には、
今までに会ったこともない人たちがたくさん来て下さっていた。
祖母は芸能人だったとでもいうのだろうか?

葬式の終わりに
祖母の思い出の写真が映し出された時、
わたしは初めて祖母の偉大さを知った。

写真の祖母は、
わたしの知っている祖母とはどことなく違い、
自信に満ち溢れていた。

まるでヒマワリのように背筋を伸ばし、
いきいきとしていた。

祖母のうでの中には、
生まれて間もない赤ん坊がいた。
優しくつつみ込み、お風呂にあげていた。

わたしはまた涙がこぼれた。
助産婦をしていた頃の話をしてもらいたかったと
悔やんだりもした。

でもわたしはその写真を見て、
あんなに笑顔に満ち溢れ、
赤ん坊に接する祖母に憧れを抱いた。

祖母は、助産婦という仕事を苦には思っていなかったと思う。
たくさんの息子に出会い、お世話が出来て幸せだっただろう。

痴呆になったのも今思えば、
助産婦を辞めてからだったはずだ。

そんな祖母は、
わたしたち孫や息子の名前を忘れてばかりいたが
自分がお世話した赤ん坊の名前を言えば、
無口な祖母がその時だけはお喋りが止まらず、
語っていたのを覚えている。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報