ここではお墓は民法に規定されている「祭祀財産」についてご案内しています。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」


お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
貴方にとって最高のお墓というのは、やはりアクセス性が良く、環境が整っている場所なのではないでしょうか?
そしてお墓によっては石材店の指定など条件がありますので、慎重に探すようにしてください。 多くの地方自治体では無縁化を防ぐために、裁判所の判断でお墓を建てるケースがあります。
このような社会的変化に対応して、有期限墓地や承継者がいなかったとしても墓地が継続する限り存続する永代供養墓もあります。最近では家族形態が多様化してきたこともあり、その問題点としてお墓の継承があります。
子供を授かっていないことから、承継者がいないというケースも出てきているのです。お墓の使用権者が亡くなった時、お墓を引き継ぐ必要があるのですが、これを「承継」と言います。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」という性格であり、本人が指定するか「慣習により」定め家庭裁判所が決することとなります。




お墓は民法に規定されている「祭祀財産」ブログ:190420

ぼく自身の経験からもそうなのですが、
ダイエットって根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
日々限界までヨガして、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんてダイエットってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でもぼくは、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「ダイエット」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんてダイエットではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、身体を壊すだけです。

身体を壊すダイエットなんて、ぼくはしたくもありません!

例えば、夜更けに食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
明明後日以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜更け食べちゃったからダイエットできない」
ことはないのです。

事実、ぼくの夕方食時間は、
ほとんど20時10時~12:00です。
こんな生活でも半年で4kg落とせました。

世の中のダイエット法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったらダイエットは失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、ダイエットはできます!

だから
「これをやっているから、ぼくにはダイエットは無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報