ここではお墓と土地についてご案内しています。
土地を購入するワケではないお墓

土地を購入するワケではないお墓


土地を購入するワケではないお墓
貴方の自宅の近くにお墓があるかと思いますが、本当にそのお墓で後悔することはないでしょうか?
どんなに立地条件が良かったとしても、お墓参りのための環境が整っていなければお墓選びで失敗をしてしまうのです。 各お墓によって永代使用料は異なりますし、同様の敷地内でも区画と面積でも異なります。
地方にあるお墓や公営お墓などは安いところが多くなっていますが、石材費や墓石工事費が高くついてしまうことがあります。例えば改葬をするという理由で永代使用料の返還を求めたとしても、戻ってくることはまずありません。
しかし永代使用料は、固定資産税や相続税の対象にならず、継承者がいる限り、権利は永遠に有効となります。一般的には「お墓を買う」という表現がされていますが、正式には「お墓を末代まで使用する権利を取得する」となります。
ですので不動産のように土地の所有者にはなりませんので、自由に売買などをすることは出来ません。




土地を購入するワケではないお墓ブログ:190421

みなさんは、
減量の天敵といえば、何をイメージしますか?

ビールですか?油っこいものですか?お菓子ですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「ビールは減量のタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、ビールを飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
ビール自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、ビールを飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
ビールのあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、ビールのシメには、
ラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、ビールの影響です。
満腹なのに、ウエストが空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、ビールを飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
ビールを飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

ビールを飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
減量中の飲酒も特に問題はないと思います。

ビールよりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。

土地を購入するワケではないお墓

土地を購入するワケではないお墓

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報