ここではお墓を建てるということについてご案内しています。
亡くなった人を思ってお墓を建てる

亡くなった人を思ってお墓を建てる


亡くなった人を思ってお墓を建てる
これからお墓探しをしようと検討しているのでしたら、大切なのはお墓に関する知識をしっかりと覚えておくことです。
条件や利用上の注意事項、そして総費用など事前に調べておくことは非常に大切なことです。 お墓の区画を買う、また墓石を注文するなどといったことを含めてお墓を建てるという言葉が使われます。
もちろん、墓地の区画を買ったとしましても、すぐに墓石を建てないこともあります。「お墓というのは必ず持たなければいけないのか」と疑問に思いますが、これには特に決まりごとはありません。
故人のため、そして自分のため、心の拠り所を持ちつつ次世代へと伝えていく事が大切だと管理人は考えます。お墓は、亡くなった人を思い、そして供養するための場であり、残された人たちにとっても、心の整理をつける場所です。
今自分がいることに感謝をしたり、 喜びや悲しみの報告に手を合わせることが出来る唯一の場所と言えるでしょう。




亡くなった人を思ってお墓を建てるブログ:190129

今は、インスタントとんこつラーメンといえば
カップ麺と袋麺の2種類ありますが、
ボクが息子の頃は、まだ袋麺しかありませんでした。

世の中で最初のインスタントとんこつラーメンと言えば、
昭和33年に発売された日清のチキンとんこつラーメン。

チキンとんこつラーメンは、
テレビの宣伝では知っていましたが、
発売されてすぐに食べたわけではありませんでした。

ボクはテレビで見る度に
一度は食べてみたいなと思っていました。

そして、とうとう、
チキンとんこつラーメンを食べる日がやってきました。

たぶん日曜日だったと思いますが、
母が午後食に
チキンとんこつラーメンを作ってくれました。

あこがれのチキンとんこつラーメン…
興奮に胸を躍らせながら、食べました。

しかし、その興奮はすぐに冷めてしまいました。
残念ながら、チキンとんこつラーメンの味は
ボクのくちには合わなかったのです。

やがて、
スープと麺が別々に分かれている
インスタントとんこつラーメンも発売されるようになりました。
これは、とてもおいしいと思いました。

1ヶ月に一度くらいは、
日曜日の午後食に
インスタントとんこつラーメンを食べるようになりました。

ボクの家では、
インスタントとんこつラーメンを食べる時には、
母が巻ずしもつくりました。
とんこつラーメンと巻きずしのセットメニューです。

巻きずしといっても中の具は、
良くてもほうれん草と玉子焼きぐらいで、
じゃことかつおぶしの時もよくありましたが…
ボクはこのセットメニューが大好きでした。

ボクの家の食卓によく出てくるインスタントとんこつラーメンは、
テレビでよく宣伝している
いわゆるメーカー品ではありませんでした。

しかし、時々、
テレビで宣伝しているインスタントとんこつラーメンも食べましたが、
いつも食べているのとおいしさは同じだと思いました。

亡くなった人を思ってお墓を建てる

亡くなった人を思ってお墓を建てる

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報