これからお墓探しをしようと検討しているのでしたら、大切なのはお墓に関する知識をしっかりと覚えておくことです。
条件や利用上の注意事項、そして総費用など事前に調べておくことは非常に大切なことです。 お墓の区画を買う、また墓石を注文するなどといったことを含めてお墓を建てるという言葉が使われます。
もちろん、墓地の区画を買ったとしましても、すぐに墓石を建てないこともあります。「お墓というのは必ず持たなければいけないのか」と疑問に思いますが、これには特に決まりごとはありません。
故人のため、そして自分のため、心の拠り所を持ちつつ次世代へと伝えていく事が大切だと管理人は考えます。お墓は、亡くなった人を思い、そして供養するための場であり、残された人たちにとっても、心の整理をつける場所です。
今自分がいることに感謝をしたり、 喜びや悲しみの報告に手を合わせることが出来る唯一の場所と言えるでしょう。



亡くなった人を思ってお墓を建てるブログ:180922

読者様は
「国立病院減量」という減量法を、
聞いたことありますか?

これは、
カナダの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
カナダにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
この減量方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院減量には
おかしな点もあります。

この国立病院減量とは、
どのような方法なのかというと…

と2週間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
減量法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくい肉体になるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しい減量法だと思いませんか。

実際に
この減量法を試してみた人の話では…

二日間は頑張ってみたそうですが、
みっか目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、肉体の調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院減量のほかにも、
怪しい危険な減量方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

肉体を悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。




このページの先頭へ戻る