これからお墓探しをしようと検討しているのでしたら、大切なのはお墓に関する知識をしっかりと覚えておくことです。
条件や利用上の注意事項、そして総費用など事前に調べておくことは非常に大切なことです。 お墓の区画を買う、また墓石を注文するなどといったことを含めてお墓を建てるという言葉が使われます。
もちろん、墓地の区画を買ったとしましても、すぐに墓石を建てないこともあります。「お墓というのは必ず持たなければいけないのか」と疑問に思いますが、これには特に決まりごとはありません。
故人のため、そして自分のため、心の拠り所を持ちつつ次世代へと伝えていく事が大切だと管理人は考えます。お墓は、亡くなった人を思い、そして供養するための場であり、残された人たちにとっても、心の整理をつける場所です。
今自分がいることに感謝をしたり、 喜びや悲しみの報告に手を合わせることが出来る唯一の場所と言えるでしょう。



亡くなった人を思ってお墓を建てるブログ:190305

日本酒は高カロリーな物が多いので、
ダイエット中はなるべく控えたほうがいいのですが、
日本酒を我慢する事で、ストレスが溜まってしまったりするようなら、
上手に日本酒を飲みましょう。

日本酒は全て脂肪になりそうなイメージがありますが、
日本酒を飲んだときに体質が熱くなるのは、
体質が熱を作りだしているからなんだそうです。
その結果基礎代謝がアップし、カロリーが消費されやすいんですよね。

よく「ビール腹」という言葉を耳にしますが、
この原因の多くは、
おつまみや飲んだ後の炭水化物の摂取から来ているようです。

日本酒を飲むことによって、
とくに糖質を元に脂肪を作る働きが活発になり、
そこでおつまみなどから糖質をとると、
普段より多く脂肪が蓄積されるんです。

なので、高カロリーのおつまみや、
飲んだ後のとんこつラーメンやライスは太るというわけです。

特に、夕方遅くまで飲んで食べてすぐ寝るというのは、最悪なんです!
寝てる間は、さらに脂肪をためこむ働きがあるからです。

ものすごく日本酒を飲むのに、痩せている人をよく目にしますが、
その人たちの多くはおつまみをほとんど食べないからなんです。
日本酒だけの摂取なら、基礎代謝がアップしているので
ほとんど消費されてしまうのですね。

さらに、低カロリーの日本酒の場合、
日本酒のカロリーでは足りず、体脂肪も消費するからです。

でも、日本酒の飲みすぎは肝臓のたんぱく質を削りとり、
肝臓を痛めてしまい、病気になる恐れもあります。
くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

日本酒を飲む時は、
たんぱく質の多いおつまみを選ぶようにしましょう。


このページの先頭へ戻る