インターネットでお墓について調べてみますと、非常に多くの情報サイトがヒットし、様々な知識を学ぶことができます。
中でも数多くのお墓を比較することの出来るサイトは、お墓選びでは欠かすことの出来ない情報サイトと言えるでしょう。 各石材店によって墓石の販売価格は異なっていますし、また石の種類によっても大きく異なってきます。
チラシやホームページに記載されている金額は参考程度にして要望次第では、金額が予想より高くなる可能性もあります。「墓石代もお墓側に支払えばいいの?」と思っている人もいますが、実は墓石代というのは石材店のみに支払うものとなります。
「墓石工事費」や「外柵」という言葉で表現されることもあります。お墓の権利を購入する以外にも必要となる石材費とは墓石自体にかかる費用のことを言います。
墓石工事費とは墓石を建てるために必要となる基礎工事や石碑工事などの工事全般にかかる費用となります。



石材店に対して支払うこととなる費用についてブログ:190128

もう10年以上も前になりますが、
僕の家に2匹の子ネコがやってきました。

一緒に生まれたらしく、
同じ段ボール箱に入って置かれていたのでした。

色んな意味で余裕がなかった当時の僕には、
とても飼う自信はありませんでしたから、
一夜だけ泊めてあげるつもりでアパートに連れて帰りました。

秋祭りの19時でした。
新しく越してきたその土地では、
道祖神祭りという珍しいお祭りが行われていました。

珍しいお神輿を見ようと出かけて戻ってみると、
ネコが見当たりません。

居なくなったかもしれないと思うと愛しさが募るものなのか、
探し回っている間に、
僕は飼おうという決心が固まりました。

1時間以上も探して見つかった時、
ネコたちは冷蔵庫の裏の部品のすき間に
からだを寄せ合って眠っていました。

それから10年以上が過ぎ、
あの自信のなかった僕に、
ネコ達はたくさんの贈り物を残してくれています。

毎夜くっついて眠り、
庭のある家に引っ越すなど
色んな問題をクリアしながら一緒に暮らし、
顔を見合わせて、泣いたり笑ったり…

そんな中で、
ネコ2匹が僕に見せてくれたこと、
僕にしてくれたこと、僕にさせてくれたこと…

それは、親密感、信頼、愛…といった
すばらしいもの全部を経験させ、
僕の中に育ててくれたことだったと言っても、
大げさではない気がします。

でも実は、
1匹がこの世を去るまで、
僕はあまりそのことには気付いていませんでした。

ご飯にも、健康にも気を使わず、
しかも悩み多い連日で、帰ってきても
泣いたり怒ったりしていた日がたくさんありましたから、
そんな僕を見つめ続けていたネコたちにも、
きっと悲しい思いをさせていたことでしょう。


このページの先頭へ戻る