お墓探しでは宗教や宗派が非常に重要なものとなっており、宗派が異なるとお墓を利用することが出来ないこともあります。
まずは自分の宗教宗派を確認し、本当にそのお墓で良いのかを確認しておくようにしてください。 もしお墓を継承させる場合には、遺産の一つとして遺産相続の手続きをしなければいけません。
一般の相続財産には相続税がかかってきますが、お墓の承継には相続税が必要無いのです。簡単にご説明させていただきますと、お墓を買うというのは、そのお墓の永代使用権を購入することとなります。
住宅や駐車場などといった不動産を購入することとは根本的に異なっているのでご注意ください。お墓の購入ですが、通常不動産を取得した場合には、不動産取得税がかかってきます。
その土地を所有していますと固定資産税や都市計画税が必要ですがお墓の場合は、不動産取得税や固定資産税などはかかってきません。



お墓の継承と購入をするには税金が発生ブログ:181009

一昨日、自宅に小包が届きました。

それは友達からの物で、
中身は5枚組みのCDでした。

自分でテーマ毎に編集したその音楽CDには、
学生当時一緒に時を過ごしていた
友達たちへのメッセージがつけられていて、
もらったボクには心底懐かしく、少し身体が震えるくらいの感動でした…

「バブルの絶頂前」という、
時代の華やかさの一歩手前で
学生時代・社会人1〜2年生時代を過ごしていたボクたちは、
毎日変わっていく街の中でも
常に「深く楽しむ事」に没頭していたように思います。

そんな中、
ボクや友達が特に音楽に対するこだわりは深く、
聞く・演奏するを初めとした楽しみの他に
「踊る」という大きな楽しみを見つけてしまったのです。

その躍る場所は、「Disco」!
バブル期では、男性を意識しまくり半裸状態で躍ったりしていたようですが、
ボクたちは純粋に「音のシャワーを全身で浴びる」快感に身を委ねていました。

特にSoul Musicを愛しているボクと友達は、
その好きな曲に身を委ねるのがこんなに楽しいのか!と見事にハマり、
毎日Discoの事ばかり考えていたような気がします。

その内、少しずつかかる音楽の内容も変わっていき、
時代に合わせるようにテンポが速くなり、女性たちも少しずつ派手になり…

それでも、心が鷲づかみになる曲は必ず表れ、
かなり楽しい数年間を過ごしたのです。

ともすれば、
保身に回ったり、将来をばっちり考える時期にきているボクたちですが、
たまには、漠然とした将来に不安を感じながらも、
強気で前向きに生きていたあの頃を思い出しながら、
身を委ねる快感に酔いしれるひと時を少しだけ与えてくださいね…と、
夫にお願いしました。

今日は、ここまで。

このページの先頭へ戻る